新年度を迎える頃には多くの人が引越しをしますが、その際には新たな住居にかかるお金や引っ越す際に業者に支払うお金など多くの出費があります。繁忙期に移動する場合には普段よりも割高になっていますので、基本料金だけでも結構な費用がかかるということを覚えておかなければなりません。最近では単身パックなども充実していますので安く済むだろうと高をくくっていると慌ててしまうこともあります。少しでも安く済ませるためには、まずはその時期に移動する場合にかかる費用の相場を知っておく必要があります。次に、業者選びをして価格設定だけでなくオプション扱いになっている部分にまで目を通し、予算に合うところを見つけるようにします。下調べをしておけば、どの程度のお金を用意しておけば良いのかが分かりますので必ずやっておきたいことです。

単身パックを利用して移動する場合の費用

単身引越しの料金設定は、同一市内程度の距離ならば3~5万円ほどが相場です。同一県内、隣接県、中距離、遠距離と言った振り分けで金額(相場)は変わっていき、距離が伸びるほどに基本設定は高くなっていきます。先にも紹介している通り、引っ越し料金は相場によっておおよそ決まってしまうため、相場を重視している業者を利用する場合に関しては大きな違いが出づらいです。しかし、中小以下の引っ越し業者についても候補に挙げるのであれば、比較的大きな差が出ることも珍しくありません。最終的な料金がどの程度になるのかは別として、同一条件下における基本的な設定の違いをよく理解し、最も自身の希望に見合った設定を採用している引っ越し業者を選び、見積もり依頼などの段階に進んでいくことが大切です。

不要な荷物はリサイクルに回すとお得

荷物が多くなると引越し料金も高くなりますので、荷物を減らすために不要なものはリサイクルに回すことが大切です。わざわざ要らないものを新居に持っていっても、結局は後から処分することになります。自治体によって大型家電などのリサイクル料金が異なりますが、引っ越す際の荷物に入れて手間をかけるよりは処分をしてしまった方が良いといえます。最近では不要になったものを買い取ってくれる店舗もたくさんありますので、そういったものを利用するのも賢い選択です。要らないものを処分できるだけでなく現金化できますので、売れるものがある場合にはその店舗まで持ち込むか、出張買取に来てもらうようにします。意外なものが高値で売れることもありますので、判断がつかない場合には一度見てもらうと良いかもしれません。

最高の品質とサービスを提供させていただきます。 平日や遠距離などお得なお引越しプランをご用意しております。 自社便・自社スタッフで構成します。 法人様の事務所移転なども多くの実績がある弊社まで。 単身引越において多くの実績を持つ弊社を是非ご利用ください。 法人様の転勤は法人割引適応できますので是非弊社までお見積りください。 お荷物は家具・家電1個からお受けできます。 単身の引越しをお考えなら人力引越社へ